FX成長のブログ

49歳の誕生日手前でようやく出会えたFx を始めて丸2ヶ月、成長の記録

将棋の話題の扱い方からマスコミの軽薄さを考察する

将棋ファンになって25年、指し将棋のほうは福島の連盟道場で初段には成れなかったが、この奥深い趣味を今もたしなんでいる。最近は専門誌を購入しないので失礼ながら、藤井さんの事は話題になるまで知らなかったが、コメンテーターに登場するk九段やt九段は癖のある棋士としてなじみが深い、マスコミにとっては絵面的に扱いやすいのだろうがあまり見たくない棋士だ。肝心の話題も食事に何を食べただの、関係ない棋士の何度も紹介された奇行を面白おかしく取り上げるいつもの工夫の無い番組編成 映し出される駒は安物の盤駒、手付きはぎこちない、おそらくは番組制作者に将棋を嗜む人はいないんじゃないかと推察する。将棋界には感心するような才人が沢山ゐるのだから(26連勝目の相手、瀬川晶司の著作「泣き虫しょったん~」は今まで読んだ本のなかでも10指に入る出来栄え)、例えばk九段の代わりに実績も年齢も同じ且つ語りも文章も秀逸な内藤九段辺りをコメンテータに招いてもう少しニュースソースに即した内容にしてもらえないだろうか、タレントのゴシップとか豊洲などのキャンペーン報道でうわべばかりのマスコミさん将棋ぐらいさせるようになりましょうよ。


FXをはじめて一年二ヶ月

まだまともに利益を上げる手段を見つけずにゐる、長期のキャリアの人から見れば何だそれぐらいの期間でと思われるかもしれないが、経営者側だったので失業手当も無く、預貯金を切り崩しながらの暗中模索の毎日だ。いやちがった暗中ではない、今は昔に比べれば初心者でも比較的遠回りせずに(テクニカルは後追いと知って最初の数ヶ月しか参考にしなかった)本質に近づきやすいのではないだろうか。今はユーチューブでも一杯教材が有る、中には本当に勝てているのか怪しいアフリ紛いのものがあるが、そうしたものは具体的なチャート解説が無くメンタルやどここでも得られる知識が殆どを占めているので区別できる。しかし皆さん結局、何がしかのアフリに誘導するのだが、これだけの知見が有る人でも小銭稼ぎに走る背景に山の高さを垣間見、現実の厳しさに思いを新たにする。FXはゼロサムゲームで上手い人間が増えるとこの人達は脅威になるはずなのに、義侠心からやっているとも思えないしね。パチンコもそうなんだけど業界が先細りしているから、直に退場しないだけの技量を持った人間を養成しようとしているのだろうか。とも考えたが、実際は人間の記憶力や熱意を勘案して「大丈夫」と踏んでいるんだろうなぁ 

阪急ブレーブス復刻試合を見て思ったこと

もう半月ほど前のこと、たまたまtvで昔好きだった「阪急ブレーブス」のユニホームをだぼだぼにまとった「バファローズ」の選手が映っていたのでそのまま試合終了まで見ていた。最近ちょくちょく復刻試合なるものが行われているのは知っていたが、17年ほど前にそれまで応援していた「ブルーウエーブ」から今の名前にかわってきれいさっぱりプロ野球を見なくなった、試合は熱戦の末勝ったが気になることがあった、阪急の復刻試合の解説に鈴木啓示をチョイスするところにも違和感を覚えたが、ゲストの元「号泣」の手相芸人のバファローズ寄のはしゃぎ具合に北海道ファイターズのファンの人は不愉快だろうなぁと感じた、兵庫県というところは変わったところで地元のプロスポーツをあまり地元のメディアが放送してくれないので、必然的にビジター製作の放送を見ることになるのだが当時大阪製作の民放「近鉄バファローズアワー」にさんざんいらつかさせられた思い出がよみがえった。いまや選手もファン層もバファローズになりつつあるんだなぁ。