FX成長のブログ

49歳の誕生日手前でようやく出会えたFx を始めて丸2ヶ月、成長の記録

今年の漢字は「暴」じゃないかな

理想の上司が「所ジョージ」や「トリプルスリー」が流行語大賞に選ばれる他の首をかしげるような選考に比べたら毎年納得していた今年の漢字だが、「北」はもうひとつの様な気がする。第一「北」を意識しているところもいいようにマスコミに情報操作された結果ともいえる。ミサイルを打ち上げる映像やプロパガンダ放送をご丁寧に、かの国に変わって連日放送してやっているんだからまったく日本のマスコミ連中はどっちを向いているんだろう、無視するか扱いを小さくするわけにはいかないのかな。北朝鮮の暴挙。暴力団の抗争 暴風雨 暴走行為 「暴」ですよね

地元の優良店で1/100が珍しく四倍近く当選しなかったので

週末に家族サービスがてら隣町に行ったついでに、人気あるチェーン店に行ってみた。10時直前に来てみたらこのご時勢になんと数百人以上の並び、一般の最後尾で店内に入ったのは20分も経ってから。で、既に打っている人の保留を確認しながら店内を見ていくと保留はせいぜい二点灯、旧台を中心に数台見ていくとヘソはお世辞にも広いといえない、だいぶ以前に作った貯玉で甘海を二台試し打つも回らず、そうこうしている内に殆どの台が埋まりかけ、ポツンとあいていた大海SAPに着席、電サポ効果がそこそこ期待できる台だったので何とか貯玉ボーダーは打てたがなんと当りなしの200はまりで貯玉が尽きてしまった。商業施設に待機させていた家族と合流して弁当買って公園で食事。(パパだけカップ麺)それにしても皆さん待っている間もいつもの養分トーク、稼動がいいのにあけるわきゃない。ここが出来るまで地域一番店だった店の方が回ってたよ(最近貯玉が尽きたが)、で結局地元のチェーン店で期待値収束を狙って打ったら流石に初当り軽かったが30回の時短では引けず三回チャレンジ失敗したところでギブ、またよく回る店で当りまくるんだろうなぁ 

FXのエントリーは何故こうも難しいのか

九月は初めて月間プラスを達成して(勝率3割)、二年目にして初めての体験で漸く掴んだかととおもったが今月はまた元の木阿弥、一度もプラ転に不成にSLに掛かってしまう内容の悪い取引が殆ど(TPまで到達するのは約15回に一回)。9月期に出来ていたと思っていたエリオット波動の第三波に乗れていたのも偶々だったみたいだ。長期足で環境認識、トレンド順張り、水平線とトレンドライン、チャネルラインを引きEMA20他を参考に複数要素でエントリーポイントを絞り、15足で切り上げライン切り下げライン引いてローソク足の特性をみながらエントリー 参考にしているのは数々のネット上の先達から一番素晴らしい内容を提供してくださっていると思う「あきちゃん凖教授」、メンタルはパチンコ14年連続プラス収支を達成して得た大数の法則に基いた期待値収束の考え方によるゆるぎない自信があるのだが。こうも結果が出ないといつまでもパソコンの前に張り付いていられない、かといって口さのない連中の格好の餌食になるパチ稼動は精神的に苦しいし、貯金切り崩し倹約生活(年金は払っていますよ)二年目、今日も二台のモニターでMT4と教材動画を流しながら詰め込み勉強深夜四時、結果が伴わず愚痴っぽい内容になりました。将棋やゲームにかまけていた過去の自分に言いたい、投資を20代の頃から勉強しておけよと。