FX成長のブログ

49歳の誕生日手前でようやく出会えたFx を始めて丸2ヶ月、成長の記録

大きなイベント前に禊を済ませる人

昔、与党が消費税増税法案をオリンピック期間中のドサクサを狙って通そうとしたことがあったが、今ならサッカーワールドカップ前にこれと同じようなことが出てこないか注視している。今のところtv業界に大きな影響力を持つ事務所の不祥事案件が目に付くぐらいだが、静岡の女性拉致殺人事件の犯人が自首してきたのも狡猾な感じがする。共犯者が捕まっていたこともあろうが、新幹線事件の犯人より凶悪なんじゃないかこいつ。
2016年初頭から株式投資、その年の五月からFXに人生をかけて勉強しているが、本当に険しい山で殆ど満足な取引が出来たことがない。最近は又株式に戻ってFXの取引は少し抑えている。株式は相変らずIPOの抽選が主だが(一年に一回位しか当選しない)ツイッターの情報を参考に指値したりもする、偉い者で自分の好きな株を選んだ時よりは少しはましな値動きをする。それにしても兵庫県の企業の弱さよ。私見だが京都や大阪に比べて兵庫県民は愛県精神が薄いからか、株式に力強さが無い様に思う。神戸製鋼、川崎重工もすぐ逆風にさらされる、久しぶりに出た兵庫発のスケールの大きい会社「楽天」も株価は冴えない動きだ。他と違いSLは大きくとって応援するつもりで持ち続けているが、サッカー選手に数十億払うなら他にやるべきことがあるのではと思う。(そんなの入れなくても最近のv神戸機能していたと思うし)優良株阪急ブレーブスじゃなく屑株南海ホークスを買って福岡移転で力尽きた「ダイエー」大阪朝日新聞と三井に潰された「鈴木商店」の二の舞いにならない様に楽天さんには頑張ってほしい。

春休み甲子園~尼崎港釣~九州帰省

高校野球が大好きな嫁の故郷宮崎県が二校も出るので甲子園へ観戦行き、今回は残念なことに逆転負け、折角だからと無料で車が止めるところが中々ないイメージがあり(神戸方面はそこそこある)余り行かない阪神間の海へ釣り場探し、尼崎港の高架下に横付け出来る場所を見付けバイオワームで投げ釣と落とし込み、水と同じく真っ黒なハゼを一匹だけ娘が釣る。その後、武庫川河口で延べ竿でハゼ狙い不発、帽子も沈める。後日、三田で用事の嫁と娘を拾って九州帰省、最近は宍粟の平福ICから無料の鳥取道で北上しそのまま山陰道から関門海峡越えて直のめかり公園で車中泊、ここからは無料高速は少なく大分佐伯まで地道をひたすら行く。帰りは中津のBOで忍者武芸帳を買い直し、薄暮の人の殆ど居ない宇佐神宮を参詣し、深夜山口県山陽小野田の貝汁トラックセンター?で車中泊、この時期はシュラフ一枚で過ごし易い。ここは大人600円程度で入浴施設も付いている。そのまま津和野~有福温泉寄り道(家族湯1200円)大田辺りで食事~出雲BO、米子皆生BO、鳥取なか卯~深夜帰宅 今回は山陰地方でたまに見るおとぎ話に出てくるようなピンク一色の凄く変わったガソリンスタンド「ユニペト」で給油、トイレすらないが単価は周囲のGSより10円安い、ここの株があったら買いたいな。

電話を止めた日

二年近く休業状態にある会社の電話を今日ついに止めた。一年近くは残務整理やたまに仕事の電話もかかってきていたのでそのままにしていたが、事務所にも行かなくなり、親の了承も得たので一年前のfax回線に引き続いて最後の子供のころから慣れ親しんだ番号も廃止にした。(番号を保持することも出来たが維持費がかかるので)多分誰も居ない事務所でなり続けていたのだろう。中には仕事の依頼も有ったかもしれないが、まぁここ数年は「トラック重機の買取」を主にした迷惑電話が殆どだったので多分受話しても意味がなかったのだろう。このトラック重機のセールス電話は本当にしつこかった、僕が神戸の建築士事務所から戻った92年頃は「日栄」等の金貸しが主だったが、これは何時のころからか規制か何かで電話セールスがなくなり良かったのだが、2000年頃工場からトラックが盗まれたのが発端なのか、ほぼ毎日のように全国津津浦浦から違う業行者名から電話だのFAXだのがかかる様になり怒ったり対策したりで何とか最後の方は週に2回ぐらいに落ち着いていた、同じようにしつこかった迷惑FAXの方はSTOPボタンを押すだけでよかったが(「viafax」「999999」が一日に何度も来ていた)電話の方は毎回応対しなければならず(ナンバーディスプレイは有料)特にしつこかった「東洋車輌」にはどれだけ時間を食われただろう。電話がかかってくるとたいてい良い事はなく、済んだと思った役所からの問い合わせだの(確認申請とは別件)施主さんからの伺いだの(連絡がないんですけど)、嫌味な他業者からの電話等々、呼び出し音が鳴るたびにドキッとしていたので用もなくかけてくるこれらの業者は迷惑以外の何者でもなかった。でもまぁ最後は馴れで仕事の電話(連絡しても無視されて何時までもそのままとか堪えるよ)より迷惑の方がほっとしていた自分がいたのだけれど。