FX成長のブログ

49歳の誕生日手前でようやく出会えたFx を始めて丸2ヶ月、成長の記録

電話を止めた日

二年近く休業状態にある会社の電話を今日ついに止めた。一年近くは残務整理やたまに仕事の電話もかかってきていたのでそのままにしていたが、事務所にも行かなくなり、親の了承も得たので一年前のfax回線に引き続いて最後の子供のころから慣れ親しんだ番号も廃止にした。(番号を保持することも出来たが維持費がかかるので)多分誰も居ない事務所でなり続けていたのだろう。中には仕事の依頼も有ったかもしれないが、まぁここ数年は「トラック重機の買取」を主にした迷惑電話が殆どだったので多分受話しても意味がなかったのだろう。このトラック重機のセールス電話は本当にしつこかった、僕が神戸の建築士事務所から戻った92年頃は「日栄」等の金貸しが主だったが、これは何時のころからか規制か何かで電話セールスがなくなり良かったのだが、2000年頃工場からトラックが盗まれたのが発端なのか、ほぼ毎日のように全国津津浦浦から違う業行者名から電話だのFAXだのがかかる様になり怒ったり対策したりで何とか最後の方は週に2回ぐらいに落ち着いていた、同じようにしつこかった迷惑FAXの方はSTOPボタンを押すだけでよかったが(「viafax」「999999」が一日に何度も来ていた)電話の方は毎回応対しなければならず(ナンバーディスプレイは有料)特にしつこかった「東洋車輌」にはどれだけ時間を食われただろう。電話がかかってくるとたいてい良い事はなく、済んだと思った役所からの問い合わせだの(確認申請とは別件)施主さんからの伺いだの(連絡がないんですけど)、嫌味な他業者からの電話等々、呼び出し音が鳴るたびにドキッとしていたので用もなくかけてくるこれらの業者は迷惑以外の何者でもなかった。でもまぁ最後は馴れで仕事の電話(連絡しても無視されて何時までもそのままとか堪えるよ)より迷惑の方がほっとしていた自分がいたのだけれど。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。