FX成長のブログ

49歳の誕生日手前でようやく出会えたFx を始めて丸2ヶ月、成長の記録

労多くして益少なし

何のことかというと羽根物トキオデラックスの打ち方のこと、この一番苦しい時に出会った相性最低最悪の羽根物も今更ながら漸く手中におさめることができてきたが、その手順は四発打ちと羽根解放毎の止め打ち(これは他力)という節約打法を極めただけのこと、まぶしくないのは良いのだがはとても腕が疲れてしまう、長年のイップスのせいで拾いは相変わらず素人以下だがそれでも前よりはマシになった、レレレの頃から比較的にラウンドが良い方にが偏りすぎたせいなのか知らないがこのアナログ方式の抽選の振り分けには本当に苦しめられた。体感的な16*7*3振り分けは 2*5*3でspは4分の1クラス、ハネラ_として意地になって打ち続けたから随分時間を無駄にしてしまった 時給はとんでもないとんでもなく安いはず。まさに暗黒時代の羽根物としてふさわしいものだった

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。